いちご*みるく




風に舞う赤ずきん :: 2017/02/28(Tue)



ふわ~~と頭巾を広げたら



20170211-20140101_00000020150607_012430P1010253253_05019.jpg


風に舞いながら


20170211-20140101_00000020150607_012430P1010140140_05075.jpg



クルっと回って



20170211-20140101_00000020150607_012430P1010130130_06077.jpg




20170211-20140101_00000020150607_012430P1010247247_04025.jpg



赤ずきんちゃん登場♪



20170211-20140101_00000020150607_012430P1010078078_06096.jpg




夕日が沈むまで
池のほとりに佇むのは
誰かを待っているんだろうか♪

  1. Waterside
  2. | comment:8
アンブレラ :: 2017/02/28(Tue)

梅の精 :: 2017/02/27(Mon)


近くの梅林は今が満開。

雪のように白く
本当にきれいです♪



170221-162036.jpg





170221-163508.jpg





170221-162637.jpg





170221-162523.jpg



もしかしたら


170221-164329.jpg



梅の精が現れたかな。^^

  1. ★FLOWER
  2. | comment:9
氷の世界 :: 2017/02/26(Sun)


氷の世界を



2017-01-29秩父 (9)



遠くから見ると。



2017-01-29秩父 (1)


なんだかまた違うイメージ。
巨大で圧倒的なつららです。


2017-01-29秩父 (18)





2017-01-29秩父 (17)




2017-01-29秩父 (15)




2017-01-29秩父 (25)





2017-01-29秩父 (24)





2017-01-29秩父 (23)



突き刺さるような恐ろしさを
全く感じずに
ただひたすら美しい。

そんな風に思えたのは
自然の偉大さゆえでしょうか♪



  1. Chichibu
氷の妖精 :: 2017/02/25(Sat)


かなり時間は過ぎてしまったんですけど^^
氷の世界をお届けします♪



2017-01-29秩父 (33)



雪と氷に囲まれた谷間に。



2017-01-29秩父 (11)






2017-01-29秩父 (22)




2017-01-29秩父 (42)





2017-01-29秩父 (36)






2017-01-29秩父 (37)






2017-01-29秩父 (21)



キラキラ光るつらら。

もしかしたら
氷の妖精っているんだろうか。



~奥秩父 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)~
  1. Chichibu
  2. | comment:7
松田山 最終章 :: 2017/02/22(Wed)


松田山に登るのにはそんな時間はかかりませんが
三脚持って
カメラとレンズで超重いリュックをしょって登っていくのに不慣れな私は
行きは駐車場からバスに乗って頂上で下車しました。^^

帰りはちょっとずつ下りて行けば大丈夫かなと
どんどん山を下り始めまして。


わ~~。夜桜と街の光がきれいだなぁ。
と足を止めパチっと撮影。



20170212-2017-02-12 (291)



また少し歩いて行くと
今度は高速の光がきれいと
足を止めて。



20170212-2017-02-12 (233)







20170212-2017-02-12 (185)



パチパチっと撮影。

とかやってる間に。




20170212-2017-02-12 (172)



途中で
もしかしたらこれじゃいつになっても駐車場に着かないかも。。。
とめげた私は
スタスタと頂上まで戻って
また展望台でパチリっと。

それから
バスに乗って駐車場まで行きました\(o⌒∇⌒o)/


という体力に限界あり過ぎの巻。( ̄∇ ̄;)






  1. SAKURA
  2. | comment:9
フォトコンテスト「見返らない美人」入賞 :: 2017/02/21(Tue)

フォトコンテスト「見返らない美人」
でアイデア賞をいただきました(^^♪

見る人の中に「美人像」をかきたてるような作品。
後ろ姿だったり、
手先だったり、
あえて顔の表情を写さないことで、あなた独自の「美人」を表現してみませんか?

ということで

私の友人 お出ましです~~♪



20170202-IMG_9310.jpg


講評では

「顔を"見えないもの"にしたというアイデアの中で特に秀逸でした。
ストールで覆われ、木の葉で隠されながらも、明るく美しい笑顔が想像される作品です。」

と言っていただき
本当に嬉しいですね~~。

Instagramでアップした写真に
タグをつけただけでこんな光栄なことがあるなんて(^^)

有難いことです。^^


友達に感謝(^^♪

そしていつも応援してくださるみなさまに

感謝を込めて
ありがとうございます。

さくら




応募総数452点
  1. ★フォトコンテスト
桜を愛でる :: 2017/02/20(Mon)



頂上から少しずつ山を下っていきますと。



20170212-2017-02-12 (340)





20170212-2017-02-12 (276)





20170212-2017-02-12 (253)





20170212-2017-02-12 (240)





20170212-2017-02-12 (232)



子供から大人。
そしてメジロまで
みんなが桜を愛でる。

これもまた素敵な情景です♪

  1. SAKURA
  2. | comment:9
夜桜 :: 2017/02/18(Sat)


松田山の夜桜は
キラキラ光る街並みと


20170212-2017-02-12 (124)





20170212-2017-02-12 (193)





20170212-2017-02-12 (209)





20170212-2017-02-12 (184)





艶やかに輝く桜の競演。

河津桜のピンク色が
ますます可愛く見えた夜でした♪



*お知らせ*

2/23(木)〜2/26(日)の4日間開催されるアジア最大のカメラショー
「CP+2017」の神奈川県ブースで
「神奈川のバラ&早春のお花フォトコンテスト」で入賞した私の作品が展示されます。

数々のカメラメーカーが出展し
色々なカメラからレンズ。アクセサリー。機材。その他たくさんのものがあります。
イベントもたっくさん。
プレゼントもありますよ♪

お時間がございましたら是非ご覧くださいませ♪


会場 パシフィコ横浜
期間2017年2月23日~2月26日
10:00~18:00
初日は12:00から。
最終日は17:00まで。

http://www.cpplus.jp/←クリックしてみて~~。 (Webで事前登録することで入場無料となります)


  1. SAKURA
  2. | comment:8
富士山と桜 :: 2017/02/17(Fri)


夕暮れから日没までの時の流れを
楽しみながら




20170212-2017-02-12 (34)






2017-02-12松田山 (3)





2017-02-12松田山 (2)




富士山と桜を眺めていると

日本人で良かった。。。

って思うの(^^♪



  1. SAKURA
富士山と桜 :: 2017/02/16(Thu)


河津桜を見に行ってきたここは松田山(^^♪


去年見ることができなかった富士山はどこだろう?


20170212-2017-02-12 (30)





20170212-2017-02-12 (35)


わ!
雲がかかってるけど
何とか見ることができて
めっちゃテンション上がる ̄~♪



20170212-2017-02-12 (22)



脚立に上って
こんな感じで撮りました(笑)


河津桜を見上げると
メジロちゃんもいるいる♪



20170213-2017-02-12(4).jpg





20170213-2017-02-12 (4)





20170213-2017-02-12 (382)



綺麗!
山全体が桜色に染まっているようだ。




  1. Kanagawa
桜独り占め :: 2017/02/14(Tue)


どうやって手にしたら
桜がきれいに見えるだろう。^^


こんな感じ?



2017-02-12いるみ (1)



こうかな?



2017-02-12いるみ (2)



これはどうだろ^^



2017-02-12いるみ (3)



って。
桜 満開の日曜日の夜。

クリスタルボールに入れて
独り占め。(^^♪



いよいよ桜の季節がやってきました。
私が一番好きな花。
ワクワクしますね。
どこに行ったかは
明日に続きます♪



  1. SAKURA
  2. | comment:12
さえずり :: 2017/02/12(Sun)


北風が吹く一日。

ピピピ。
さえずる音が聴こえてくる。

そっと耳を立てて
じっとしていると
コツコツコツと
木をたたく音。


辺りを見回すと。





2017-01-21 (2)





2017-01-21 (10)





2017-01-21 (5)






2017-01-21 (8)






2017-01-21 (19)






2017-01-21 (11)




一日森にいると
たくさんの鳥たちに会えました♪

鳥に会えると
心弾みます。^^



  1. Birds
今の散歩道 :: 2017/02/11(Sat)


何でもない散歩道でも

歩くっていうだけで


2017-01-21 (1)






2017-01-21 (14)



いい思い出になりそうだな。^^
  1. Countryside
  2. | comment:9
雪かみぞれか :: 2017/02/10(Fri)

昨日は関東でも雪が降りました。




2017-02-09梅と雪 (3)




2017-02-09梅と雪 (19)



ぽつぽつ。



2017-02-09梅と雪 (18)




2017-02-09梅と雪 (15)


ポツポツ。


2017-02-09梅と雪 (1)





2017-02-09梅と雪 (14)



綺麗。


だけど・・・・・。


雪に見えないのが残念です。ヘ(°◇、°)ノ~

  1. Rain
  2. | comment:12
野道 :: 2017/02/09(Thu)


2月の荒れた野道で。



秋ヶ瀬 (2)





秋ヶ瀬 (4)





秋ヶ瀬 (1)


立ち尽くす。

それだけで
一つのシーンになるから
不思議(^^♪


  1. Green Fields
  2. | comment:12
おまけ付き :: 2017/02/08(Wed)


見て。ヽ(*^^*)ノ



ume toazisai b (2)



今日は
な~~に?


ume toazisai b (6)


綺麗でしょ。
落ちてた梅の花。


ume toazisai b (1)



ほら。
これは落ちてた紫陽花よ。



ume toazisai b (7)




ume toazisai b (4)



今日は紫陽花付きだw(*゚o゚*)w



  1. ★FLOWER
メタセコイアの夕焼け :: 2017/02/07(Tue)



規律正しく並んで
見ているだけでスッキリする。

そんなメタセコイアの森に
夕陽が落ちる時が



20170204-2017-02-04 (113)






20170204-2017-02-04 (32)






momo (4)






20170204-2017-02-04 (54)



一番美しい。

  1. ★silhouette
  2. | comment:11
メタセコイアの森 :: 2017/02/06(Mon)



20170204-2017-02-04 (14)






ok20170205-2017-02-04 (6)






20170204-2017-02-04 (118)



メタセコイアの森の中で
夕陽が落ちるころ。

全てがアートに見えてきた♪


  1. ★silhouette
赤ずきん物語 :: 2017/02/04(Sat)


赤ずきんちゃんは
森が楽しくて仕方ないようです。




2017-01-11ookami (2)



落ち葉を拾って光に透かして
遊んでいると。

おばあさんに変装した狼が現れます。

「林檎を一つ差し上げましょう」



rinngo 20171-11 (12)



「わ~。
綺麗な林檎。
ありがとうございます。」


と赤ずきんちゃんは
林檎を一口食べた途端
眠ってしまいました。


狼はその場で赤ずきんちゃんを食べようとしたその時。
遠くの方から
猟犬を連れた猟師がやっ来て。



名称未設定-13



狼を見つけると



名称未設定-3-3



赤ずきんちゃんを助けようと
犬は狼に飛びかかり
狼は慌てて逃げて行きました。

目を覚ました赤ずきんちゃんが
犬にお礼を言おうとして
辺りを見回しても
もうどこにも姿はありません。



名称未設定-10



もしかしたら
あの犬は王子様だったのかもしれません。(*・・*)ポッ



みなさまから続きが楽しみというコメントをたくさんいただいて
続きを考えたら
どこでどうなったのか。
白雪姫になってしまった気が ((o(>▽<)o))

  1. Green Fields
  2. | comment:8
次のページ